2005年1月24日

/パーティションのraid化後のカーネル構築ではまる

まさにごとむにっき: Debian の initrd に含まれる loadmodules と root デバイスの関係に書いてあるような現象ではまっている。

#以前もやったような気がするんだけどなぁ。
#あのときはDebianじゃなかったかなぁ。

ブート可能なバージョンのkernelで起動した後に、lsmodで表示されるモジュールのうち、
どう見てもブートに関係ないものを除いて、/etc/mkinitrd/modulesに記載したけど
それでもだめ。

/etc/mkinitrd/mkinitrd.confにMODULES=allと書くと、起動時にinitrdがデカ過ぎて読み込んでもらえず(^^;

うーん、カーネルにデバイスドライバ組み込み直して、最後make-kpkgして試してみよう。

#ローダブルにしすぎか...

[debian-users:41333] Re: kernel 2.4.26 で Kernel panicではさっくり解決しているようだけど、私のところではだめ。

raid組んでいるHDDがSATAなのが話をややこしくしているのかな。

ここでも、苦労した後がありますな。http://copper.matsc.kyutech.ac.jp/~yoshi/linux/sata/">Install Debian 3.0(woody) to SATA RAID
投稿者 his : 2005年1月24日 01:43

このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/945
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。