2004年12月23日

On Fire at the Bowl (2pc) / (Rstr Dol Dts) [IMPORT] オン・ファイアー / クイーン1982

私が買ったのは輸入盤のこれ。

新鮮でしたねえ。2枚組でモリモリてんこ盛りです。dts 5.1chで堪能ください。

ステージの構成・演出とかカメラアングル、機材の質などは

の方が上だと思うけど、なにより力強さのあるステージでした。
フレディの声も伸びています。

Back Chatは久々に聴きましたし、その他にもBest盤系には入っていないけど
良い曲を久々に聴きました。

また、2枚目のJAPAN tour high lightはカメラアングルもまずまずで、
これだけでも得した気分。

この中で歌われている
11.Teo Torrriate
と言うのは「手を取り合って」のことです。恥ずかしながら初めて聴きました。
字幕なしで聴いていて突然日本語になったので、最初はなにを言っているのかわかりませんでしたが、良い曲ですね。
フレディが会場に向かってEverybody!と言って一緒に歌うのをうながすあたりは
日本向けのファンサービスもかいま見られてうれしかったです。

2枚目のインタビューは英語の字幕もあるので、大丈夫ですよ。

ちなみに、国内盤もでています。

投稿者 his : 2004年12月23日 00:43
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/862
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。