2004年11月27日

I-O DATA USB-CAM30V

小さくて良いんだけど、ケーブルが堅くて弾性があり
ノートPCのUSBコネクタから長くのばすとふらふらと揺れ続ける。
両面テープなどでディスプレイの端っこに張り付けるのが吉かと。

しかも現時点ではLinuxではドライバ無く認識せず。
#苦労している人はいるようだが...
Windowsで動かすしかないなぁ。

ちなみに、この製品の改良版であるUSB-CAM30MVもある。

ケーブルが針金みたいなものから、蛇腹タイプ(?)になっていて
柔らかい割に位置決めしやすくなっている。

ただし、CMOSセンササイズが30Vが1/3インチに対して、
30MVは1/4インチになっている。
#これって、画質落ちるの?

何にしても、Linuxでドライバが無いんじゃなぁ...

#ちなみに、これもAmazonではくそ高いけど、
#秋葉原の某店では3000円を切っていました。

投稿者 his : 2004年11月27日 16:27
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/808
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。