2004年11月21日

バックアップ、ディザスタリカバリ

日経新聞2004.11.19の夕刊から。

Nikkei NET IT HEADLINE首都直下地震、省庁の4割で情報消失の恐れにもでていた。


同じ建物にバックアップデータを置くのは、システム障害のバックアップにはなっても
災害時には役に立たない。
でも、まだ、あるだけ良い。

だめなのは、「そんなのない」とか「今どうなっているのかわからない」とか
「そういう意識すらない」というもの。

バックアップについての備えがないが故に、災害時に国民に被害が及んだら
誰の責任なのだろう?

また、同日の同紙面に、いわゆるe-文書法の記事もあった。

これも、Nikkei NET IT HEADLINE財務諸表など電子化OK・電子文書法が成立にもでている。


紙の文書も燃えたり塗れたりして失われることがあるが、
電子はもっと簡単に消えてしまう。

遠隔地にバックアップデータを置くのは必須だな。

#国だけでなく、企業や個人もまたしかりかも。

投稿者 his : 2004年11月21日 18:13
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/790
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。