2004年11月16日

NHK クローズアップ現代 2004.11.10: クレームで企業力アップ

NHK 21世紀ビジネス塾: 苦情クレーム博覧会2004と重複した内容もあったが、もう少し掘り下げた感じ。

受け身でクレームを受けても、その後の処置を積極的にやっていくものもあれば、
積極的にクレームを聞いてまわるような取り組みをしている企業もある。

「生産と消費が手を携えて新たなものを作っていく」いわゆる
「プロシューマの存在」というのは、大事にしないといけないかな。

#「そんな、寝た子を起こすようなことをしなくても」という人もいるけど、
#寝た子をほって置いても、いつかは目を覚ます。
#そのときに「なんで起こさなかったのか?(--#」と激怒されるぐらいなら
#その前にそっと起こしてあげた方が良いと思うが...ね?

顧客や外部の視点での指摘というのは、ある面(ある側面)で正確なものだと思う。

投稿者 his : 2004年11月16日 22:37
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/781
コメント

この際、上から落としましょうか!?(^^;

Posted by: netmaster2003 : 2004年11月16日 23:02
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。