2004年11月 6日

routing変更(その2)

routing変更の続き。

his.luky.orgはktarn.www.linux.or.jpでもある。
つまり、日本のLinux情報のミラーサイトでもある。

このミラーサイトは、primaryサイトのコンテンツを定期的にコピーして自サーバ内に持ち、サービスを行っている。
コピーはrsyncで行っているが、primaryサイトではソースIPその他でアクセス制御を行っている。

routingを変更した際に、ktarn.www.linux.or.jpからrsyncでコンテンツをgetする際の ソースIPアドレスが新しいIPアドレス変わってしまい、コピーできなくなった。

よって、rsyncでgetする際は、古いIPアドレスがついたNICからでていくように手を加えた。

具体的には、

# ip rule show
0:	from all lookup local 
32764:	from all to 210.xxx.xxx.xxx lookup QIDC 
32765:	from 219.99.179.188 lookup QIDC 
32766:	from all lookup main 
32767:	from all lookup default 
てな感じで、特定のホストに行く際にはQIDCテーブルを参照するようにしただけ。

primaryサーバ側での設定を変更するまでは、この過去互換(?)で行くか。

投稿者 his : 2004年11月 6日 01:51
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/764
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。