2004年10月22日

大局を観る―米長流・将棋と人生 NHK人間講座

現在まさに放映中のNHK人間講座のテキストである。

私の将棋は下手の横好きなのだが、棋士の中では米長永世棋聖が実は好きな棋士の筆頭である。
その米長永世棋聖が8回シリーズで語ってくれるので、観ないわけはない。

8回シリーズの題名は、http://www.nhk.or.jp/ningenkoza/200410/wed.htmlに書いてある通りだが、現時点では第3回まで放映されている。

第1回放映の「将棋の魅力」の中ででてきた升田幸三元名人がGHQに呼ばれて将棋に関して語った逸話もでてきて面白い。

#升田幸三も、また好きな棋士である。
#その昔、テレビで生前の対局を観た記憶がかすかにある。

上記の逸話は「月下の棋士」にも若干アレンジされてでてきていたので知っていたが、チェスとの比較の話は今回初めて知った。

その後の回次も面白そうな話がでてくる。
まだまだ本編放映中であるし、再放送、再々放送もあるので、テキストを見ながら放映も見るとまた面白いと思う。

ちなみに、月下の棋士も全巻もっているけど、こちらも良いすよ(^^;

#両書とも、本ページの画像と実際の表紙は違いますので念のため。

投稿者 his : 2004年10月22日 02:41
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/725
月下の棋士 能條純一
概要 古本屋で立ち読み中にはまった漫画「月下の棋士」。昔途中まで読んでそのままになっていた事を思い出し読んでみた所、夢中に。月下の棋士は将棋の話で、能條純一氏の漫画。能條純一作品を最初に読んだのは、麻雀漫画の「哭きの竜」。 二作品ともに、話の内容・展開・登...
ウェブログ: BLOGFIGHT
時刻: 2004年10月30日 01:44
能條純一『月下の棋士』
概要 実際のところ将棋を指すことが、こんなにも命を削ることなのかどうかはわからないけれ...
ウェブログ: BLOG POCA COSA
時刻: 2004年10月31日 16:30
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。