2004年10月 8日

野茂とイチロー「夢実現」の方程式

この本は、結構さがして購入した。
#と、言っても最終的にはamazonのマーケットプレイスになったのだが。

なぜ探したのか?それはイチローの小学校時代の作文の全文が引用されているからだ。
イチローの作文はHRI メルマガでもふれられているし、イチロー選手のビジョン実現プロセスでも紹介されている。

作文だけを読み直してもすごいし、本書でもさらに心のにこる言葉もあった。

一部引用してみる。

「自分には三つのチェックポイントがあり、それができていれば、ヒットが出ないわけはない。余分なことを考えずに振り抜くことだけを考えた。」
KPIも明確になっていたと言うことか。

もう一つ。名将仰木監督の言葉を説明して、

"人を型にはめようとすれば、その個性まで失う"

守・破・離において、すでに「離」のレベルにある者は、そのまま快適な環境さえ与えれば伸びる。それができたのが野茂とイチローを育てた仰木監督の名将たるゆえんなのだろう。
もちろん、すでに新人レベルで「離」になっている野茂とイチローもすごいのは言うまでもない。

投稿者 his : 2004年10月 8日 01:38
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/696
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。