2004年10月 1日

内側から見た富士通「成果主義」の崩壊


いろんな人に勧められて読んでみた。

一部のキーワード(?)に関して日本語と英語が並べて書いてある読みにくさは
いろんな人がレビューしているとおりだけど、読んでいるうちに気にならなくなった。
#でも感心しない。

内容についてだけど、ある側面から見た話だろうから、
本当のこともあるだろうし、間違ったこともあるだろうという感じ。

#似たようなことは某社でもあるようだけど、
#どこか違うなぁ。

何につけても、形骸化した方法論というのはだめになるよなぁ。

運用の可視化・透明性が重要なんだろうなぁ。

投稿者 his : 2004年10月 1日 22:23
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/680
コメント

日本にはホンネとタテマエってのもありますしねぇ

Posted by: AC : 2004年10月 1日 23:42

元OBとしては成果主義で感じた不条理の原因が裏付けられたわけです。完全に暴露した本にびっくりです。

Posted by: NetPub-Project : 2004年10月12日 16:45
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。