2004年9月 9日

エンタープライズ・アーキテクチャ

IBM流(IBMコンサル流?)の解説書。
いい本だと思ったんだけど、自分自身が勉強していくにつれて
肝心のことが書いていないんだろうなと思えるようになった。

肝心のこととは「継続的なコンセンサスを得る方法」についてです。

その方法はEAのスコープ外にある気がする。
と言うか、コンセンサスあってのEAだと思う。

そういう意味では、本書は「EAってなに?」というのには良いのだけれど、
そのレベルだと日経コンピュータのEA特集の方がコンパクトにまとまっているかな。

#EA特集は、その後、「EA大全」に集約されていますが。

投稿者 his : 2004年9月 9日 03:34
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/635
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。