2004年9月 9日

超「高速」時間術―「10倍頑張る人」より「10倍速い人」になる本

何というか、非常に「アツい」本である。著者の思いがあふれている。

時間管理に関して、著者独自の方法論が非常に具体的・定量的に書かれている。
具体的すぎて、「こんなのほんとかよ?」と思うものもあるが、
抽象的ではないので、自分風にアレンジする上での見直しも具体的にできるところが好ましいと感じる。

また、あらゆる時間管理を定量的に行い、きちんと評価すると言う点では、
KPIを用いた業務効率評価に通じるものがある。
また、単なる管理のための管理ではなく、「何になりたい?」とか「どうしたい?」と言う意志の大切さに関しても根本であると説いている。
また、定量化した際の目標設定の考え方なども具体的に説いている。

繰り返しになるが、とにかく「アツい」。

ちなみに、本書の時間管理とは異なる主旨だが、本書内で気に入った言葉をあげておこう。

「知恵をどんどん外に広く発表した方がよい。今日の知恵をすべて発表してしまえば、明日新しい知恵を出す動機ができる」
Open Sourceとか、BlogとかInternetとかに通じるものがあるな。

投稿者 his : 2004年9月 9日 02:44
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/633
「超「高速」時間術―「10倍頑張る人」より「10倍速い人」になる本」 矢矧 晴一郎 (著)  書評
概要 多くの時間管理本を読んだが、この本ほど体系的・理論的にまとめられている本はないというのが印象。しかし、数式まで使うのはかえって時間がかかってしまい、ちょっと細かいとも思える。10倍早くなるっていうタイトルも少々大げさだと思うし。それはともかく、 超「高速
ウェブログ: Dadumpの一日一冊
時刻: 2004年11月21日 10:51
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。