2004年8月13日

夜這いの民俗学・夜這いの性愛論

ふと手に取った。
なかには下世話な言葉が目白押しで笑いながらも興味深く読めた。
学術的な意味合いがあるかどうかというのは分からないが、
ある面では事実として夜這いというのがあったのだろう。

複数の書籍を一冊にしたということで、話に重複があるし
何度も同じ記述があるが、まぁそこはそれ。

あと、おもしろかったのは通名に関する記述。
・番頭が、○蔵、○之助
・手代は、○助、○七
・丁稚は、○吉
とか、
女中も、
・座敷働き(最上位の女中)は、○子
・板間働きは、○枝
・庭働きは、お○
と言われることが多いとか。

#風車の矢七と流れ星お銀を思い出しちゃいました。

太平洋戦争の敗戦で歴史の断裂があると思うけど
それ以前は緩やかに歴史が動いていたのかなぁと。

投稿者 his : 2004年8月13日 21:55
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/577
やっと社員か
概要 会社のパーティ。 変な話だがや同じ部署の人とやっと初めて顔を合わせた。 職人気質で話しにくそうな人たちを想像していたが皆気さくで、いい人そうだったので安心した。先輩が「俺のところに来てくれたらいろいろ教えてあげるのに」と言ってくれたのはとてもうれしかっ...
ウェブログ: 「こんにちは、Majornです」
時刻: 2004年10月31日 00:44
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。