2004年6月27日

raid0 trouble

自宅のファイルバックアップサーバ
#と言っても単にディスクをいっぱい積んでいるLinuxマシン
にバックアップを取ろうとして久々に起動したところ、
HDD不調のようで下記のようなメッセージをだして
バックアップ用のパーティションがマウントされない。

md: raid0 personality registered as nr 2
md: md driver 0.90.0 MAX_MD_DEVS=256, MD_SB_DISKS=27
中略
md: Autodetecting RAID arrays.
md: invalid raid superblock magic on hdg3
md: hdg3 has invalid sb, not importing!
md: could not import hdg3!
md: autorun ...
md: ... autorun DONE.

バックアップ用なのにraid0って、おかしいんじゃないの?と思った方がいると思う。
その通りです(^^;
でも、ディスク足りないので仕方なくというのと、
このサーバは一時待避的な使い方が多く、
本当に大事なファイルは、別のところにも置いています。

読めないのかなぁと思いつつも、手動で/dev/md0をmountしてみると、mount出来た。
一応、別のドライブに読めるだけ読んで
#全部読めたんだけど、中身は不明(^^;
再度raid0で作り直してみた。

まずはraidstopでraidを止めて、raid0run /dev/md0。
#ちょっとだけ/etc/raidtabを変更したけど。

md: md0 stopped.
md: unbind
md: export_rdev(hdg3)
md: unbind
md: export_rdev(hde3)
md: bind
md: nonpersistent superblock ...
md: bind
md: nonpersistent superblock ...
md0: setting max_sectors to 128, segment boundary to 32767
raid0: looking at hdg3
raid0:   comparing hdg3(120123328) with hdg3(120123328)
raid0:   END
raid0:   ==> UNIQUE
raid0: 1 zones
raid0: looking at hde3
raid0:   comparing hde3(120123328) with hdg3(120123328)
raid0:   EQUAL
raid0: FINAL 1 zones
raid0: done.
raid0 : md_size is 240246656 blocks.
raid0 : conf->hash_spacing is 240246656 blocks.
raid0 : conf->hash_spacing is 240246656 blocks.
raid0 : nb_zone is 1.
raid0 : Allocating 4 bytes for hash.

そのあと、mke2fs -j /dev/md0。

kjournald starting.  Commit interval 5 seconds
EXT3 FS on md0, internal journal
EXT3-fs: mounted filesystem with ordered data mode.
kjournald starting.  Commit interval 5 seconds
EXT3 FS on md0, internal journal
EXT3-fs: mounted filesystem with ordered data mode.

待避していたファイルを戻し中。
#nfs遅いなぁ。100B-Tなら仕方ないか。

投稿者 his : 2004年6月27日 21:12
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/444
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。