2004年6月 6日

さぶ うーはー その1

気晴らしも兼ね、サブウーハ構築を開始した。

#「さぶ」に釣られてきたふんどしの兄貴がいたら、
#すみません(。。)\バキッ☆

ユニットは毎度Fostexにする手もあるけど、今回お試しということでElectronic Parts-Related Items and Accessoriesから購入してみた。

それが、これ↓。


2個購入。

#ユニットの価格は安いんだけど、送料がUS Postalで$60越えるというのは
#どういうわけだ(--;

板は近所のホームセンターでMDFを購入。
板取りは、適当に(^^;下記のような感じ。

組立も適当に...。
#無理矢理、若旦那にも手伝ってもらった(^^;

ユニットを着けた面を下向きにして、40mm程度の高さのゴム足を四方に置いている。
その上に箱をかぶせたようにして置いている。

#今のところ、スピーカユニットを付けた面だけは接着していない。
#その他の5面は固めてしまった。ちょっと後悔。

サブウーハへのLow Passはこれ↓。


まぁ、ただの鉄芯入りコイルです。

カマデンのキットで作ったアンプのoutputから、FE87E バックロードパイプにつながる線にパラレルにサブウーハを入れた。

#今のところ、左右の信号は独立だけど箱は一つ。

まだ、各種信号線を通す穴を開けておらず、バスレフ用のダクト穴も開けていないので、板をちょっとずらして置いている。

つまり完全密閉ではないが、その隙間からズンズン響くのが何とも...(^^;

この後は....
若干の吸音材を入れるとか、
Low Passを通った後の左右の信号をショートさせてみるとか、
位相を反転させてみるとか、
ダクト穴を開けてあれこれやってみるとか、
アンプの前にLow Passを入れてマルチアンプにしてみるとか、
色を塗ってみるとか、
あれこれ楽しめそうです(^^;

ps.
スピーカユニットを取り付ける穴開けは苦労しました。
ハンドドリルの先に取り付ける「大穴を開ける工具」
#名前不明(^^;
を無理矢理最大に伸ばして開けたんだけど、
所望の穴よりちょっと小さいところまでしか開かず、
結局スピーカユニットを箱の内側から取り付けてます。
#下面になるから、かえって良いかもしれないけど。

ps2.
サブウーハ用にマルチアンプ構成にするための、
アンプの前のLow Pass Filterで、カットオフ周波数を可変にするのって
売ってないのかなぁ。

私が見つけたのは、これ↓ぐらいでした。


なんだか、安いけど、大丈夫かな(^^;
買ってみたいんだけど、送料が高いし。
ご近所でElectronic Parts-Related Items and Accessoriesから、何か共同購買する方がいたら、募集します(^^;;;;

投稿者 his : 2004年6月 6日 01:43
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/390
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。