2004年3月22日

リーダーシップ論―いま何をすべきか ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス経営論集

ハードカバーを読むのは久々である。
ある組織(^^;からのお勧めで読んでいる。

良いことを色々書いているのであるが、もともとハーバードビジネスレビューに6回に分けて掲載された論文をまとめているだけに、量が多く読むのに疲れる(^^;。
もう少しコンパクトにまとめて欲しい気がした。

内容に関して言おう。
「リーダーとマネージャーの違い」に焦点を当てて解説が続いていると読みとった。
結局、人をうまく動かすのがリーダである。うまく動かすと言っても、使うのではなく、その人が動けるような状況・気持ちにすると言うことだと思う。
しかも、人はあくまでも人であり、いつでもロジカルに動く機械ではない。 そこを分かった上でうまく動くようにするのが難しいのであろう。
#実際、私もそのような場面に多く遭遇するし、
#つい先日もそのような話をしたばかりなので、内容の一致に驚いた(^^;

本書で述べられているが、さばけるゼネラルマネージャは、ほとんどの時間を人との対話・会話に割いていると言うのも分かる気がする。
うちの会社のベテランゼネラルマネージャも会話第一である。また、そこに人が集まってきて話が進む進む...

#私も、時間の使い方を考えなければ行けない歳なのだけど...
向上心を持ち、マネージャからリーダへ脱皮したい方へ
私からもお勧めする。

投稿者 his : 2004年3月22日 02:18
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/191
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。