2004年3月 2日

悟りの分析―仏教とユング心理学の接点

秋山 さと子氏の1991年の著書である。

何故、本書がビジネス書なのか?
それは、某所で受講した研修にて、 「新しい自己への出発 マネージメントのためのTA」をテキストとした講義の最後のセッションで、講師の方から、ユングと仏教の関連性に関する話があり、それを契機に本書を手に取ったからである。

本書によると、確かにユングと仏教には似通った思想があるようだ。 実際に、ユングは東洋思想の影響を受けているようである。

仏教の「主体」と「客体」の考え方も、「物事が相対的に存在している」と言う点で、TAに通じることは何となく理解できた。
「シュレディンガーの猫」と「諸行無常」の類似性も言われてみればよくわかる。
#しかし、あの説明はなかったよな。

さて、本書の内容に関してコメントする。
面白いのは上記の話が書いてある1章と3章ぐらいで、後はどこで何を書いて何を訴えたいのかが良くわからない。
特に後半は、精神科学の歴史概要なのか、著者の学習の歴史なのか、概要ばかりをつらつらと書き並べてあり、得るものが少ない気がする。
もう少し、書くことを整理して欲しかった。
#というと、本書で書かれているところの合理主義に走りすぎていると
#言われてしまうかもしれないが。

まぁ、部分的ではあるがそれなりに得るものがあると思う。

投稿者 his : 2004年3月 2日 02:44
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/152
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。