2004年2月21日

USB Audio 2種

普段使っているSHARP Mebius MURAMASA PC-MV1-VC1の内蔵Audioの音質が今一つな気がしたのと、OpenBlockSのUSBインタフェースから音を出したいのとなどなどで、USB接続のAudio deviceを購入している。
#などと、理由付けしているが、ほとんど衝動買いである(^^;

写真を示そう。

写真下の方はSound Blaster Digital Musicであるが、写真上の方はほとんどノーブランドとして売っていたものである。
どちらもLinux上でUSB audioとして認識されて動いている。

ちなみに、写真上のノーブランドの方は、 のように、5.1CHのアナログ出力が可能である。
#ちゃんと試しているわけではないが、それなりに音が出ているようだ。

Sound Blaster Digital Musicの方は、 のように、金メッキされたRCAジャックでのアナログ入出力端子の他、光インタフェースでのデジタル入出力もある。
また、写真に写している面と反対側には、ミニピンジャックでのMIC入力とヘッドフォン出力、及びボリュームもついている。

明確な比較はしていないが、若干Sound Blaster Digital Musicの方が音が良さそう(帯域が広そう。低音がしっかりしている)である。

早めに某氏からカセットデッキを借りて、その昔録音したカセットテープ内のレコードライブラリからの取り込みをしたいところである。

投稿者 his : 2004年2月21日 02:59
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/139
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。