2004年1月24日

仕事の思想―なぜ我々は働くのか

とにかく元気になる本であった。
ちょっと今時間がないので、また後で感想書きます。

やっと追記しました。↓2004-01-25 12:30:00

著者の友人・同僚・顧客などとの心の交流・言葉のやりとりを事例として取り上げ、その奥にある著者の心の歩みを10のキーワードとともに紹介している。

さて、なぜ「元気になるか?」と言うことであるが、働くこと・仕事が単なる稼ぎではなく人間としての成長の手段の一つとして考えて良いと思えたためであった。
もちろん、飯を食うために働く訳であるが、それだけでない何かがあると確信できる。
お金をもらわないボランティア活動はすばらしいものである。 本書を読んで、仕事も内容と心の持ちようによっては、お金をもらいながらもボランティア活動と同等以上にすばらしいものになると考えることが出来た。
#その為には、(いろんなすばらしい)人との出会いを、すばらしいものと受け止められる心と精進が必要であるが。

さて、本書の中から、私の心を代弁してくれたような言葉を見つけることが出来た。
#人に説明するときに、こういえば良かったのだなという感じだ。

その言葉は、「厳しい顧客こそが優しい顧客である。」「最も怖い顧客は黙って去る顧客である。」である。
私が、先輩かつお客さんからの教えで書きたかったことはまさにこれである。

仕事に疲れたら読んでみよう。後ろ向きの仕事というものがなくなると思います。 #でも、バカには理解できないかも(^^;

投稿者 his : 2004年1月24日 09:33
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/81
★★☆☆☆「仕事の思想」田坂広志、PHP研究所(2003/9)¥560
概要 いつも応援ありがとうございます。今日は何位になっているでしょうか?----------------------------カザフスタン・ウラルスク:9時-4℃:曇り----------------------------今日もマイナス4℃ですが、去年からいる人に聞くと、今年は暖かい!のだそうです。それでも、外...
ウェブログ: 本のソムリエ提供「一日一冊:読書日記」
時刻: 2005年11月25日 14:28
仕事の思想―なぜ我々は働くのか 田坂 広志 (著)
概要 仕事の思想―なぜ我々は働くのかPHP文庫  田坂氏の本の4冊目です。ここまで連続...
ウェブログ: 10倍ブログ(自己啓発編)
時刻: 2006年1月15日 03:21
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。