2004年1月 9日

できる社員は「やり過ごす」

高橋伸夫氏の1996年の著作の文庫化である。
amazonでのカスタマレビューを見て買ってしまった。

買って良かった。読んで良かったと思っている。これで600円だ。
タイトルから想像できるのは「気楽な稼業サラリーマンが良いよ」的な本かと思ったが、全く違う。

第1章の「やり過ごし」、第2章の「尻ぬぐい」、第3章の「泥をかぶる」と言うキャッチコピーがあり、この3章は同じ流れだが、まじめに分析している。

第4章の「見通し」から、さらにどんどん引き込まれており、食堂店主でありながら、サラリーマンでもある私は、思わず「そうそう」「俺だけじゃなかったのか」と思いながら読み進めた。

第5章〜第7章は、実践に基づいた経営哲学書です。
損はさせません。よみなはれ。

高橋伸夫様
もしこのページにたどり着いたら、以下の言葉をお送りしたい。
「いやー、日本人が書いた経営書もすごいのがあった。」
「でも、別のタイトルで、中身が同じ本も出したら?(^^;」

投稿者 his : 2004年1月 9日 03:43
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/44
コメント

俺も買って読もう〜っと!(^^;

Posted by: オク : 2004年1月15日 11:56
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。