2003年12月22日

芸人

永六輔著 岩波新書
これも職人が気に入ったので、大往生などと一緒に古本屋で買ってみた。

ある種の職人である芸人の世界も、芸人という一言ではくくれないものがあることが分かった。
舞台芸人とテレビ芸人の違いなども面白い。

本書にも名言が多いが、今これを書きながら、ぱらっとめくって目に付いたものに
「客が時のたつのを忘れる。それが、客に勝った時だ。」
と言うのがあった。

お客さんの前でプレゼンしていて、あくび一つされず、ずっと聞き入ってくれたり
メモを一生懸命取られた時って、うれしいものですよね。

投稿者 his : 2003年12月22日 01:30
このエントリーのトラックバックURL:
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。