2003年12月22日

大往生

永六輔著 岩波新書
職人が気に入ったので、古本屋で買ってみた。

職人を先に読んだせいで、ワンパターンと感じたが、やはり死を意識した言葉というものはいろいろ感じるものがある。

最近、私も死を意識する歳、つまり親父が死んだ歳に近づいており、はじめて有限の寿命を感じた上で本書を読んでみた。

若い人(若い時)には感じない何かを感じた。

投稿者 his : 2003年12月22日 01:24
このエントリーのトラックバックURL:
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。