2003年12月14日

BASICによるプログラミング・スタイルブック―より良く、美しいプログラムを書くために

昭和60年(1985年)初版。たぶん手元にあるのは2冊目である。(1冊目は紛失した)

この本も学生時代にはじめて手に取ったが、

当時非常にインパクトが大きかったことを覚えている。

PC-8801上のZ80アセンブラやN88BASCIで見よう見まねでコードを書いていた当時、プログラミングのなんたるかをはじめて教えてくれたのが本書であった。

はじめて「構造化プログラミング」と言うものも知った。

それまでは「以下に1バイト削るか」「以下に1ステップ削って高速化するか」と言う観点でしのぎを削って(^^;いたのだが、本書を読んでからはわかりやすさ優先でのコーディングを心がけるようになった(はずである)。

#アセンブラで書いていたところは、そうでもなかったけど。

C/C++版での続編も2000年頃に出ているらしいので、コードを書く人は読んでみては如何でしょうか?

投稿者 his : 2003年12月14日 18:03
このエントリーのトラックバックURL:
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。