2003年12月14日

Linux FreeBSD日本語環境の構築と活用

表紙のデザインから通称「坊主本」と呼ばれ、Linuxで日本語環境が整っていなかった当時(初版1997年末)には、非常にお世話になった。

時の流れは速いもので、今となっては古くなっている部分が目立つが、基礎的なところを知る上では役に立つ書籍だと思う。

投稿者 his : 2003年12月14日 16:33
このエントリーのトラックバックURL:
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。